使いこなせていなければSFAは導入の意味がない

コンピュータを利用して色々な業務を効率化することができます。
と言っても実際にいろいろな業務に対応してくれるのはソフトの部分なのでソフト選びが大事になります。
会計業務を効率化するなら会計システムを選ぶ必要があるでしょうが、ただシステムを入れれば目的が達成できると考えるのは間違いです。
営業業務を効率化できるシステムとしてSFAがあり、売上アップにつながるとか営業業務が効率化するなどが結果として得られるようです。
現実問題としてSFAを導入していい結果が出ているところもあれば、それほど結果が出ていないところもあるようです。
結果が出ていない理由としては使いこなせていないようで、せっかくのシステムが宝の持ち腐れ状態になっています。
使い勝手としては入力するだけ、チェックするだけなどいいものが多いですが、入力する側の基準がばらばらだったり、チェックする人があまりチェックしなかったりすれば使いこなせたことにならないでしょう。

SFA
WaWaFrontierでは行動分析により、営業担当者がどのように行動したか、何に時間を費やしたかを日報の内容をもとに分析できます。

最新記事